ダイヤモンドの指輪をたくさんある商品から見つける

プロポーズの時の婚約指輪

リング

婚約指輪は結婚指輪の一種です。結婚指輪の起源は古代ローマ時代ごろから始まった習慣が残ったものだと言われています。当時のローマ教皇が約束ごとをする時にその証である鉄製の輪を、結婚の誓いの証として使い始めたことが今の時代まで残っているのです。そんな丸い形をしている結婚指輪は永遠に途切れることがない愛を象徴しています。そんな婚約指輪はエンゲージメントリングともよばれています。婚約の証として男性から女性にプロポーズの時に差し出されることが一般的です。婚約指輪とは違ってずっと着けている物ではありません。なので、カップルによっては買わなかったり指輪ではなく他のものに置き換えて代わりのものを買ったりする場合があります。ですが、男性からしても女性からしても婚約指輪を渡してのプロポーズは憧れるものです。やはり値段が気になるものです。婚約指輪の価格は20万円から30万円が多く、男性一人で買うには少し値段が高いですし勇気のいる買い物だと思います。ですが、そんな心境も後にいい思い出になることです。さらに、最近では、プロポーズの前で買うのではなく、カップルで買いに行く人達もいます。また、結婚した後も婚約指輪をしまっておくのは勿体ないと結婚指輪を重ねて付けている人も多く見かけますので、結婚指輪を買う際に婚約指輪に合うものを少し考えてみるのもいいでしょう。プロポーズの際には婚約指輪をぜひ一緒に渡してみてください。